ジャズ・ピアニスト・森本洋子 --HotelNewSanno

HotelNewSanno(後にNAVYと変わる)ではハローウイン、ジャーマンフェスティバル、建国記念日と色々な祭典がありましたが、お客はリタイアした軍人とその家族たちが主で、日本人は自由に出入りができませんでした。普通では出来ない楽しい思い出が沢山つくれたことは生涯、わたしの最高の思い出になっています。


考えてみれば、ドルもこの頃は260~280円位だったのですね。以後、時代と共にお客も少なくなり、また円高のため経費節減として、生演奏をするミュージシャンが真っ先に解雇されるのは、いまも変わらぬ世の常というもの。後ろ髪を曳かれる思いでわたしはNewSannoから去ることになりました。


この記事へのコメント