ジャズ・ピアニスト、森本洋子と秋吉敏子、ルー・タバキン

ジャズ・ピアニスト、森本洋子と秋吉敏子ジャズ・ピアニスト、森本洋子と秋吉敏子
秋吉敏子さんは憧れの人でもあり、目標でもありました。私も秋吉さんのようにもっと自由にピアノが弾けたらなあ、とずいぶん思ったもので、今から考えてみれば私がジャズ・ピアニストを志したきっかけの一つは秋吉さんという存在があったからとはいえるでしょう。

1988年にアメリカに旅行したときには、秋吉さん、夫君のルー・タバキン宅を訪れていろいろお話を聞かせていただきました。秋吉さんは渡米してからずいぶんご苦労があったようで、ここに一緒に写っているタバキン氏と出会ってビッグバンドをおつくりになり、日本とアメリカの文化の架け橋になったと評価されていますが、その経緯についてはすでに皆様もご存知のことと思います。
ジャズ・ピアニスト、森本洋子と秋吉敏子、ルー・タバキンジャズ・ピアニスト、森本洋子と秋吉敏子、ルー・タバキン

この記事へのコメント