ジャズ・ピアニスト・森本洋子 ラブ・タッチ・ピアノ(2)


love-tuoch_2.jpg

出きる限りアドリブを少なく一曲2~3分とのことだったので、同じジャズピアニストであった他の人達も大変だったのではないかと思います(皆さんアドリブがバリバリできる人達ばかりですから)。前回触れましたが、このレコーデイングのとき私は病みあがりでコンディションもよくなく思うように弾けなかったのを覚えています。

レコードができ、六本木のバードランドというライブハウスで発売記念ライブを行ったり、テレヴィの小川宏ショーで取り上げたられたり、九州のホテル等行ったり、今では懐かしい思い出ですが、東芝がかなり力を入れた企画であったことは、その後、一人一枚ずつのアルバムから各種の抜粋版を作ったり、何かの際のBGMになったりしていたのが、その証拠でした。

この記事へのコメント