ヒトラーVS、ピカソ奪われた名画のゆくえ

1933年政権を獲得した、ナチス・ドイツは1945年まで(青年時代に画家を目指したヒトラーは故郷に
美術館を建てる野望を抱いていた)フランスなど周辺の美術館や、ユダヤ人の富裕層から名品の
略奪を繰り返し、総数60万点を超える作品をものにした。ヒトラー死後、作品を元の所有者に返す努力が為されているが、
今でも10万点位が行方不明になっているという。
そうした名画回収、返還のいきさつを、ドキュメンタリーで描く。

movie.jpg

この記事へのコメント