”記憶に御座いません”

二週続けて邦画を観てしまった。三谷幸喜監督の作品は軽くそこそこ面白く観られる。 今までにも、”有頂天ホテル” ”すてきなな金縛り”と三本目なのだが、かと言って売れている 俳優人が多く出ているのだが、いまいち深みが無い。洋画でコメデイーを観ても可笑しさの中にも ストーリーの深みを感じさせられて、例えばロバート・デニーロ主演のコメデイーを観ても、終わった 後にああー面白かった!と言葉に出るが…

続きを読む

蜜蜂と遠雷

久しぶりに邦画を観に行く。この映画は賞を取った作品なのだが、それを映画化したもの。 有名なピアノコンクールで演奏する4人の葛藤と成長を描く。 長年ピアノから遠ざかっていた亜友・年齢制限ぎりぎりの明石・優勝候補のマサル・謎めいた少年 ・ それぞれの思いを胸にコンクールへ。曲目もショパンの雨だれ・ドビッシーの月の光・バルトークの コンチェルト3番とこの映画のために作曲された”春と修羅” (全…

続きを読む

ジョン・ウィック・パラベラム

この映画は1・2作共観に行っているのだが、今回はもう最後まで殺し合いのうるさいストーリーであった。 タイトルどうり、パラベラム{拳銃の銃弾)であった。女性は少なく私のような高齢者は皆無!。 まあエンドロールの長い事。まだ4作目が出来そうなエンディングで終わったけれど。 来週は気楽な邦画でも観にi行こうかなあ。

続きを読む